育毛薬の即効性と頭皮のこわばり解消が薄毛予防に

投稿日:2017.08.26

薄毛の男性
薄毛は男性のみならず、近頃は、女性でも悩みを持つ人は少なくありません。また、中高年だけでなく、20~30代の若い人でも、薄毛になることがあります。
何となく抜け毛が増えてきたり、髪の毛が細くなるなど、薄毛のサインはいくつかあります。
その原因は、遺伝や男性ホルモンの影響によるAGAなどに加え、不規則な生活習慣やストレス、頭皮が不潔であることなど、いくつかの理由が考えられます。
例えばAGAが原因である場合、専門医の診察を受け、治療薬を服用したり、育毛薬を使用することで進行を遅らせたり、止めることが出来ます。
遺伝性の場合でも、実際に薄毛になる人は、全体の25パーセントだと言われているため、確率はそれほど高くありません。
また、生活習慣やストレスが原因の場合は、規則正しい生活を送ったり、ストレスを適度に解消することで、抜け毛が減ったり、髪の毛が太くなるなどの改善がみられる場合もあります。
特にストレスが溜まっていると、身体や頭皮がこわばり、血行不良になりがちです。頭皮がこわばり、ガチガチに硬くなっていると、血行が悪くなり、毛髪が育つために必要な栄養が、頭皮に運ばれなくなってしまいます。
そのためにも、頭皮のこわばりを解消し、頭皮の血行を促進させることが、薄毛予防と改善に繋がります。また、薄毛効果のある、育毛薬を使用することも有効です。
薄毛対策の中でも、比較的即効性があるものが、育毛薬の使用であると言われています。一般的に、育毛薬自体に即効性はありませんが、30日程度続けて使用することで、何らかの効果が見られると言われています。
つまり、即効性はないけれど、長期的に使い続けることで、薄毛の改善は期待出来ると言えます。

育毛剤の購入はこちら